網入りガラスのメンテナンス

網入りガラスのメンテナンス
引用:引用元一覧に記載

防火性能に優れた網入りガラス

網入りガラスとは、二枚のガラスの間にワイヤーが封入されているガラスのことで、火災のときにガラスが割れて飛散してしまうのを防止する目的として作られたものです。

火災による熱で割れたガラスを、中のワイヤーによって支えます。
その性質上、通常の状態で外から衝撃を加えても破片は飛び散りません。

見た目から、網入りガラスというのは防犯を目的としているものだと考えられていることが多いのですが、あくまでも防火目的のために作られたものです。そのため、ガラスの強度自体はそれほど強くないのです。

消防法や建築基準法などによって、防火地域にあたる住宅には網入りガラスの取り付けが義務付けられています。網入りガラスを用いることで火の燃え広がりを防いだり、ガラスの破片によって怪我をするといった二次被害を防ぐためです。

ガラスの中に入っているワイヤーにもライン柄や菱柄、それから鉄線などさまざまなパターンと種類がありますが、それによって防火の強度が変わるわけではありません。
中のワイヤーが年月と共に劣化してしまったりといったデメリットもありますが、比較的ローコストで高い防火性能を誇る網入りガラスは一般的に普及しているガラスです。

網入りガラスのひび割れは、2種類ある

網入りガラスは、何もしていないのに突如ひび割れるといった現象を起こすことがあります。
衝撃を与えたりしていないのに、自然に割れてしまう場合があるのです。
ガラスの中にワイヤーが入っているのだから、本来的に強靭なはずなのにと思ってしまいがちですが、網入りガラスはそもそも防火用ガラスであり、あの網状のワイヤーでガラスの強度を補強しているというわけではありません。

とはいえ、一体、何が原因で網入りガラスは急にひび割れたりするのでしょうか。
一般的に網入りガラスにひびが入った場合は、「熱割れ」、あるいは「錆割れ」と呼ばれる現象が発生したものと考えられます。

「熱割れ」 は日光や室内の熱によってガラスが熱膨張を起こし、自然現象的にひび割れが生じてしまいます。
窓ガラスに当たる直射日光によって、ガラスに直接日光が当たっている部分は太陽の光の熱によってその部分の温度が上昇してとても高温になってガラス部分が膨張してしまうのです。
熱せられて膨張している部分以外は、日射の影響を受けないため、高温にならず膨張しません。
膨張する部分と膨張しない部分との差に耐え切れなくなった部分が割れてヒビが入ってしまったりします。

「サビ割れ」 は雨水等がサッシに溜まると、ガラス断面から内部の網がその水分で錆つき、その錆による膨張で突如ガラスが割れてしまいます。
ガラスの中に埋め込まれた網は金属で出来ていますが、金網はガラスの中に入っていても錆てしまう場合があるので注意が必要です。特にガラスの切断面は金属が露出して錆やすいので、その部分の金属が錆びると膨らんでガラスを割ってしまうことがあります。
ガラスの中にあるから金属が錆びないと安心しているのは誤りで、ガラスの下の部分に露出している網の金属部分などは、サッシ枠に雨水が侵入してきて錆が生じてしまうといったこともよく発生します。

対策としては、「熱割れ」は網ガラスに熱がこもらないように、カーテンや家具などをガラスに密着させないようにするということがまず挙げられます。
冷暖房の室外機からの温風をガラスに当てないように配慮することも大切です。
「錆割れ」には、あらかじめガラス側のサッシとの接触面に防錆塗料を塗布しておくことが有効的です。
万が一ひび割れてしまった場合は、そのまま放置せず、専門家であるガラス業者に交換を依頼しましょう。
また、プロの手によって、ガラスのエッジ部分の加工処理をしっかりと行っておけば、熱割れや錆割れを起こしにくい状態を長く維持することも可能です。

このページの先頭へ